確かな品質、都内最速のDVDコピースタジオ。24年目の老舗ディスクコピー専門店

使用ドライブについて

複製に使用しているドライブについて教えてください。
複製機のすべてがパイオニア製のBlu-rayドライブを使用しております。圧倒的な品質にはパイオニア社のライティングのクオリティーが反映されています。
パイオニア製のディスクドライブが素晴らしいのはレーザーディスクの頃から光ディスクメディアの取り扱いをしており、他社よりも安定した装置を作れるところに優位性があります。12cm光ディスクはソニー社・フィリップス社の開発したCDから始まりますが、レコーダブルディスク CD-Rは太陽誘電社が開発をしました。Rメディアが太陽誘電社というのは開発メーカーだからです。ライディングのドライブはSONY社のCDW-900E(定価130万)が世界初の販売となります。この機会はPMCDという規格のCDを作成でき、オーディオ業界ではマスターの定番だったUマチック(3/4インチ 通称シブサン)からプレスマスターの座を奪っていきます。その後はYAMAHA社の CDR-400t 、TEAC社のCDR55S、プレクスター社のPX-R820などのトレンドを作りながら、プレクスター社のPremium2でトレンドを作る様なドライブの開発は終わります。DVD-Rドライブではプレクスター社とパイオニア社が高品位などライブメーカーでしのぎを削りますが、国産製造だったプレクスター社は海外に製造拠点を移し、その後暖簾がしとなってしまったため、現行のドライブはかつてのプレクスター社の技術は入っていません。パイオニア社も海外に拠点を移しましたが、国産のドライブも平行して製造していた時期があり、一部のマニアの方にはパイオニア【十和田工場限定生産モデル】というドライブがありました。デュプリケーターのドライブは国産品ではありませんが、パイオニア製で統一しています。
SONY社のCDW-900Eは最高で6台所有していました。現在も3台ございます。モンスタードライブといわれたプレクスター社PX-R820は今では役目を終え机の柱として活躍しています・・・ご来社の際にはPX-R820がお出迎えします。代表の個人的な趣味の延長なのかもしれませんが、ドライブマニア、メディアマニアなのかもしれません。パイオニア製BDライターも堅牢です。